スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

処分決定 

先週のNYJets戦でのシグナルをビデオに録画していたとされる違法行為への処分が決定しました。

1.ペイトリオッツHC、ビル・ベリチックへの罰金50万ドル

2.ペイトリオッツ、チームへの罰金25万ドル

3.ペイトリオッツの2008年ドラフト指名権剥奪(プレイオフ出場した場合は2008年のドラフト1巡指名権剥奪、プレイオフ出場を逃した場合は2008年のドラフト2巡+3巡指名権剥奪)


となりました。うわさではベリチックの出場停止もささやかれていましたが、それはないようです。それよりも上に記した3の項目のほうが重いと判断されたようです。今シーズンプレーオフに進出したとすると1巡指名権が自動的に失うことになるのでかなり痛いですが、2007年のドラフトでサンフランシスコとドラフト指名権のトレードを行っているので、実質2008年は1巡指名権が2つあることになります。(2007年のNEの1巡をSFに与え、2008年のSFの1巡と4巡をもらった)
そのうちのペイトリオッツの指名を剥奪されるようなのでサンフランシスコの1巡指名権は残るということです。


この処分は重いのか軽いのかはわかりません。しかし、ペイトリオッツが犯した罪が重いのは事実です。このようなことは一切行わないのは当然として、しっかり真実を述べてほしいです。あちらこちらで「やっぱり」とか「あのときのプレーはおかしい」とか言われるし、ベリチックとブレイディで成し得たスーパーボール3回優勝の栄光に少なからず傷がついてしまいました。

しかし、これからまた優勝して力を見せつけてやればいいんです。頑張れ!目前に迫ったサンディエゴ・チャージャースとの大一番に期待です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hicapples.blog50.fc2.com/tb.php/95-bfc9233b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。