スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖っぷち 

まさに崖っぷちなヤンキース。ボストンとの3連戦の第1戦、第2戦が終わり、まさにこれから第3戦を迎えます。


第1戦はヤンキースはペティート、レッドソックスは松坂が先発しました。さすがにこの日は松坂の応援はできませんでした・・・。ペティートは5連勝中と波に乗りまくってます。一方松坂は13勝目を手にしてから3試合勝ちがありません。

試合はヤンキースが初回制球の定まらない松坂から2点を奪います。しかしレッドソックスも2回にラミレスのHR、3回にオルティーズの犠牲フライで同点にします。5回にキャプテン、ジーターがHRを放つと7回にはこちらもキャプテン、バリテックがHR。・・・お互い譲りません。しかし、その裏にデーモンが松坂から2ランHRを放ち決着がつきました。

ヤンキース 5×3 レッドソックス


第2戦はクレメンス、ベケットの先発。まさに新旧豪腕対決。ベケットは今シーズンかなり調子がいいので、クレメンスの出来が試合を左右するはずでした。

試合は・・・なんとクレメンス、6回1アウトまでノーヒット!しかしその後のオルティーズにソロHRを浴びてしまいましたが。ベケットは2回にカブレラ、デーモンにタイムリーを浴び3点を失います。6回を終えて3対1。次の1点がどちらに入るか?って思ってたら、A.RODがやってくれました。ソロHR!これで4対1。これで決まりだ~、なんて考えてたらあまかった・・・。ファーンズワースが8回にユーキリスに2ランHRを浴び1点差に!あぁ、さすがボストン。8回途中からリベラを投入し、なんとか逃げ切りました。

ヤンキース 4×3 レッドソックス

しかしこの2チームの試合はなんでこんな接戦でいい試合になるんでしょう。う~んおもしろい。

さぁ3戦目です。先発はシリングと王建民。200勝投手対去年の最多勝投手の対決です。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hicapples.blog50.fc2.com/tb.php/90-7acb78b2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。