スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッツ、ジェッツを撃破! 

やりました!!勝ちました!


37-16。大勝でしょう。


ワイルドカードプレーオフ、同地区のジェッツとの対戦。ジェッツのヘッドコーチは元パッツのデフェンシブコーチのエリック・マンジーニということで私はかなりビビってました(笑)。しかもシーズンでは1勝1敗。ホームで負けてるし。


試合はいきなり動きました。オープニングドライブで、ブレイディはノーハドルでプレイを続けます。ランとショットガンで10プレイ。最後はディロンのランで先制します。おそらく決まっていたプレイで相手に考える時間を与えないようにしたのでしょう。あっという間にTDをとってしまったので「楽勝か?」なんて思ってしまったけど、そんなに甘くありません…。

ディロンが自陣15ヤードでファンブル!プレーオフでのファンブルはキャリア初ですが、した場所が悪かった。でもTDでなくFGで抑えたのは◎。その後第2クォーターに入っていきなりコチェリーにロングパスを通され、そのままTD。7-10と逆転されましたが、直後のドライブでFGで同点として一安心。第2クォーターの終盤にマロニーとフォークを使い分けて、時間も使いゴール前に。最後はグレアムに1ヤードのTDパス!これで17-10として前半終了


第3クォーターはジェッツにリズムよく攻められ&ブルスキーの反則などもあり3ヤードまで攻め込まれましたが、FGの3点のみ。しかしまたもや直後のドライブでFGを返します。取られたら取り返す。これで20-13。

そして1つの大きいプレーが。ペニントンの後方へのパスをルーズベルト・コルビンがチップ。ここでフリーとなったボールをウィルフォークがリカバー。まずここで問題になったのはパスが後方に投げられたこと。前方に投げられたらチップしたボールが地面に着いた瞬間にパスインコンプリートでプレーが終了します。後方に投げられた場合はチップされて地面に着いてもファンブルとみなされ、フリーボールになります。それでウィルフォークがリカバーしたということです。

このターンオーバーで得たボールをFGに結び付けて23-13。第4クォーターに入り、粘るジェッツはFGで3点を得て23-16。しかし次のドライブをケビン・フォークへの9ヤードのTDにつなげて30-16。このドライブで6分以上使いTDをあげました。これでパスで時間を節約しながら攻撃しなくてはいけなくなったジェッツはアサンテ・サミュエルにインターセプトTDをあげられ万事休す


シーズンではなかったINTからのTDがプレイオフ初戦で飛び出しましたね~。ディロンのファンブルがあったけどINTはなかったから良しです。しかし気合の入りすぎか15ヤードの罰退が目立ちました。しかしなんといっても怪我人が戻ってきました。やはりウィルフォークが目立ったましたね。デカイし(笑)。ワトソンも出てました。入れ替わりでハリソンが出れませんでした。少し不安…。

来週はディビジョナル・プレーオフです。相手は第1シードのサンディエゴ・チャージャースです。MVP男のトムリンソンがいます。やっかいなレシービングTE、アントニオ・ゲイツがいます。ディフェンスではサック王のLB、ショーン・メリマンがブレイディを狙ってます。しかしヘッドコーチはプレイオフに弱いショッテンハイマーです。

敵地ですし圧倒的にチャージャースが優勢でしょう。しかし、今年のパッツは敵地で強さを発揮してるので期待が持てます!



最後に攻撃選手のスタッツを少し。

T. Brady  22/34 212yard 2TD 0INT

L. Maroney  18ATT 69yard 0TD Long 8yard
C. Dillon  10ATT 50yard 1TD Long 13yard
K. Faulk  6ATT 23yard 0TD Long 9yard

J. Gaffney  8REC 104yard 0TD Long 31yard
R. Caldwell  5REC 50yard 0TD Long 19yard
スポンサーサイト

コメント

オフェンス、ディフェンス、スペシャルチームのすべてが良かった試合ですね。やはり舞台が大きくなるほどパッツは好ゲームを見せてくれます。

シーズン中にリターンTDがなかった分、プレイオフでは毎試合やってもらいたいです。

サンディエゴ戦も楽しみでいっぱいですね。きっとブレィディが本当はどちらがプロボウルに相応しいか見せてくれるはずです。

>ananasさん
やっぱりプレーオフに強いですね、パッツは。インターセプトリターンTDもついにでましたしね。

成績よりもチームを勝たせるクォーターバッキングができるブレイディですから、次のSD戦もやってくれるはずです。プロボウルに出るべきはどちらかはっきりするはずですよね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hicapples.blog50.fc2.com/tb.php/44-6648de9e

ワイルドカード VS N.Y.ジェッツ 前半戦@ジレット

ベリチェツクとマンジーニの3度目の対決。前評判は圧倒的にパッツが高いけど、現実は今シーズンは1勝1敗。当然油断なんか出来ない相手だし、パッツの選手は全員わかってるはず。大一番に強いブレィディに期待。○前半戦ワトソン、ウィルフォーク、フォークの主....

  • [2007/01/11 19:48]
  • URL |
  • パッツとボソックスとファンタジー |
  • TOP ▲

ワイルドカード VS N.Y.ジェッツ 後半戦@ジレット

○後半戦☆3rdクォーター・ジェッツ1stドライブジェッツ陣24ヤードから。前半終了間際にパッツが約7分のロングドライブを決めたけど、今度はジェッツがロングドライブ。パッツのプレッシャーが効かなくなってきたのもあるけど、ペニントンがリズムに乗って来....

  • [2007/01/11 19:50]
  • URL |
  • パッツとボソックスとファンタジー |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。