スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D#!! 

06_Tom_Brady_5a.jpg

いや~、勝ちました。よく勝てたなぁというのが本音です(笑)


17-13の接戦。両チームあわせて9個のターンオーバーって…D#が強いチーム同士の対戦だったのでロースコアになるって予想は立ちますが、これだけターンオーバーが多くなるとは!

まぁ詳細は続きに書くとして、印象に残ったのはシカゴのD#は本当に勝負強いってことかな。ミドルにアーラッカーというすばらしいLBがいるし、DBも動きが良かった。そのD#を相手にPatsのO#はよくブレイディを守った。シカゴD#ライン相手にサックなしというのは最高でしょう。プロテクションが良かったのでパスを投げる時間を作った。それでも2INTしたというのは相手が良かった。

PatsのWR陣はコールドウェルがかなりフィットしてるのは誰もがわかるでしょう。TEのワトソンは相変わらずよくパスをとってるね。しかし、あと少しってところでボール確保できない…。そこを改善できれば◎。

セアウが離脱するのは痛いなぁ。ランを止めまくってただけに残念極まりない。この試合はセアウが抜けた後ランをよく出されてたから。

DBのサミュエルは大爆発だった。しかしホブスがぁ~。Sもホーキンスが良くなかったけど、サンダースが頑張ってた。

しかしブレイディは気合が入ってた。スクランブルでアーラッカーを見事に抜いてファーストダウンを取ったときはやばかった。思いっきりファーストダウンのポーズ!かっこよかったなぁ~。

前半


Patsの最初の攻撃は3&outでした。シカゴD#に奇襲をかけるのかぁ?って思って見てましたが、あっけなく攻撃終了。

その直後のシカゴの攻撃でアサンテ・サミュエルがインターセプト!!かなりクイックで投げ込んだのを見事に奪い取った感じでした。

しかし次のシリーズでBradyのパスをWatsonがドロップ。まぁあれはタックルがうまくボールにヒットさせてましたから、しょうがないか。そしてインターセプトされてしまいました。

そのあとシカゴはリズムよく攻め込み得点のチャンスでFG。決まったと思ったんですが、O#ラインのフォルススタートで5ヤード罰退。これで45ヤードなので十分決めることができる距離だったけど、FGブロック!

今度こそ得点かと思いきやシカゴ陣内11ヤードでマローニがファンブル…

シカゴの攻撃。ディープパスでビックゲインなどもありTDのチャンス。NEゴール前7~8ヤードでまさかのファンブル。センターからスナップされたボールをグロスマンが確保できず。またもターンオーバー。

このチャンスにマローニのランとブレイディのパスでゴール前まで進み、最後はマローニの1ヤードTDランで先制!ここではブレイディはパス5/5。

そのあとのシカゴの攻撃のとき、セアウがランを止めたときに(おそらく)手首を骨折…DBに怪我人が多発しているときにLBの中心選手の1人、セアウがぁ~。その後FGを返されて7-3。

前半終了間際にゴスコフスキーが52ヤードFGを決めて前半を10-3で折り返す。


後半


試合も落ち着き始めてパント、パントで始まった第3クォーター。しかしコールドウェルがファンブルでまたまたターンオーバー。しかし相手のアンネセサリーラフネスで罰退。

前半にセアウが抜けた影響でシカゴのランが出だしたのでシカゴはラン中心で攻撃。ラン中心だったがNE30ヤードで投げたグロスマンのパスをサミュエルがインターセプト。本日2つ目。

この攻撃権を得点につなげたかったが、ブレイディのパスがトロイ・ブラウンとあわずボールをチップしたのをD#にインターセプトされてしまう。

このチャンスをセドリック・ベンソンのTDランにつなげ、10-10の同点。

次の攻撃をベン・ワトソンへのディープパスもあり、シカゴ陣2ヤードまで攻め込みワトソンへのTDパスを通して17-10。

その後シカゴがFGを決め17-13。PatsのDBがよく狙われて(ホブスが)パスインターセプトを取られてしまった。

あとは時間を使いながらファーストダウンを効率よくとっていたので勝ったかなぁ?なんて思っていたらシカゴゴール前でディロンがまさかのファンブル!「えっ!?」って感じ…。

その直後のプレーでグロスマンがディープへロングパスを投げたがサミュエルがこの試合3つ目のインターセプト!!

で、シカゴはタイムアウトが残ってなかったので万事休す。結果17-13でPats勝利!
スポンサーサイト

コメント

勝ちましたね。最後の得点差はツキとやっぱQBの差って感じでした。

ブレィディがフェイクしてアーラッカーを抜いたプレーはホント痺れました。グロスマンがこのプレイを「オレも遅いから分かるんだけど、動きが遅すぎてディフェンダーのタックルが合わせにくいんだ」と評してました(笑)。

セアウの怪我はキツイですね。腕の骨折でおそらくシーズンアウトらしいです。TBCやデービスなどの控え組みに奮起してもらうしかありません。

>ananasさん
コメントありがとうございます。
確かにQBの差は感じましたね。

グロスマン、そんなこと言ってんですか(笑)。たしかにスローで見るとかなり早めのフェイクで抜いてますからね。キャロライナとのスーパーボールでもあのファーストダウンのポーズしてましたよね、思い出しちゃいました。

セアウの骨折は遠めで見てもわかるほどでしたからね~。控え組の奮起は絶対必要ですね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hicapples.blog50.fc2.com/tb.php/32-238e542a

Week12 VS シカゴ・ベアーズ 前半戦 @ジレッタ

この試合からジレッタの芝生は、開幕から散々非難されてたボロボロ天然芝を張り替え新型の人工芝。これがどういう影響を与えるかも興味深いところ。ゲームはシカゴのキックオフから。パッツとしてはファーストドライブで何個かはファーストダウンを取って、自信をつけたいと

  • [2006/11/28 07:34]
  • URL |
  • パッツとボソックスとファンタジー |
  • TOP ▲

Week12 VS シカゴ・ベアーズ 後半戦 @ジレッタ

前半はターンオーバーの応酬でまさにどつきあいみたいな試合。オフェンスのミスといわれれば否定はできないけど、それ以上にお互いのディフェンスの意地がぶつかりあってるって感じ。時間があっというまに過ぎてしまった。後半も楽しみだ。☆3rdクォーターベアーズ....

  • [2006/11/28 07:35]
  • URL |
  • パッツとボソックスとファンタジー |
  • TOP ▲

Week12・シカゴベアーズ戦

{{{: Sunday, November 26, 2006 at Gillette Stadium Chicago (9-2-0)       0  3  0  10   13 New England (8-3-0) «  0  10  0  7   17 CHI: R. Grossman (15-34, 176), B. Berrian (5-104) NE: T. Brady (22-33, 269), B. Watson (6-89) G

  • [2006/12/04 23:08]
  • URL |
  • ♪ち~こっさんのいろいろ観戦記♪ |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。