スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Week2 vs Jets 

前の更新で弱い犬ほどよく吠えると書きましたが、強い犬だった・・・。


同地区のジェッツに痛い1敗を喫した。しかし、シーズン16勝を記録したときと同等に考えるのはよくない。戦力は明らかに今年のほうが悪いと思っている。ブレイディは病み上がり。OLも強くない(これは全勝したときもだが)。D#も弱くなっている。
ではどうしたらいいか。こここそコーチングの見せ所ではないのか?

WRのモス・ウェルカーが万全でないが、エデルマンがなかなか使えるかも知れない。エースレシーバーの2人を無暗に使うのではなく、好調の選手を使ってほしい。それとTEがワトソンとベイカーがいるのでショートパスを有効に活用したいはず。それにはRBのランがでないといけない。
RBは3人体制でマローニー、フォーク、テイラー。彼らの活躍なくしてパスは難しいだろう。だが、ここでもやはりOLだ。OLが弱いとQBは守れず、ランも出ず。やはり強いチームはOLがしっかりしてる。

ペイトリオッツのOLはLTマット・ライト、LGローガン・マンキンズ、Cダン・コッペン、RGスティーブン・ニール、RTニック・ゲイザー。C、LGはまだいいと思っているが、LTは相手の強力なD#がとマッチアップするから少し気になる。R側は残念だが見劣りするだろう。今年はルーキー(2巡指名)のセバスチャン・ボルマーがいる。彼が今年途中でスタメンで出てこれるくらいに成長してほしい。


D#ではDLが開幕直前に不安ポジションに。セイモアがトレードされジャービス・グリーンが先発に。セイモアに比べるとかなり見劣りする。NTにはヴィンス・ウィルフォークとルーキーのロン・ブレイズ。DTはタイ・ウォーレンとマイク・ライト。まぁまぁいいだろうが、セイモアの穴がどれだけ響くかだろう。

LB。ここは崩壊するかもしれない。開幕前にブルースキーが引退した。若手はショーン・クレイベル、タイロン・マッケンジーはIR入り。開幕戦でメイヨが6~8週Outに。オークランドからバージェスを取ったが、ウッズ、アレキサンダー、ガイトンが大きく成長しないと恐ろしい穴になりかねない。

DB。ここはLBとは違い若くいい選手がいて、ベテランもいる。さすがにベリチックお気に入りだけある。メリウェザーが開花してきて、チャンもドラフトで加入。CBにはウィートリーとウィルハイトのコンビ。さらにはバトラーがドラフトで入ってきた。


あとはこれらにどうコーチングしていくか名将ベリチックの手腕の見せ所だと自分は思っている。
今週は乗りに乗っているアトランタが相手だ。ゴンザレスが加わりさらに強力になった。ここはマット・ライアンプレッシャーをかけ、パニックに陥れるくらいにアグレッシブにディフェンスしてほしい。そうでないとターナーのランとショートパス地獄に陥りそうだ。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hicapples.blog50.fc2.com/tb.php/154-56fc2ca8

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。