スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人材流出! 

ペイトリオッツはオフシーズンに突入しているので、いろいろとコーチ陣の話が騒がしいところです。

ここ最近ではこのプレーオフ最中はなかったことですね。


で、すばらしいコーチ陣がベリチックの元を固めていましたが、次々と流出が・・・


OCのジョシュ・マクダニエルスが次期ブロンコスのHCに就任しました。32歳とまだまだ若いですがHC。自分より年上の選手がたくさんいる中で頑張ってほしいですね。でもペイトリオッツとしては痛い人材を失いました。QBコーチもしていたマクダニエルス、ブレイディの後を引き継いだキャッセルを見事に育てました。オコネルもマクダニエルスのもとで育っていってほしかったなぁ~。

そしてスコット・ピオーリがチーフスのGMに就任しました。ベリチックとピオーリで強くなったペイトリオッツですが、ここでピオーリが離脱してしまいます。ベリチックとはペイトリオッツで9年間ともに過ごした仲でした。チーフスは近年、苦しんでいるチームです。新しいGMで巻き返しを狙っていますね。ここでピオーリがどのような結果を出すか非常に楽しみ。


優秀な人材が出て行ってしまうのはそれだけペイトリオッツが優秀なチームだったこと。またそれを他のチームが認めているということです。うれしい限り!
サンフランシスコ・49ersがウエストコーストオフェンスで時代をつくったときのコーチがそれぞれのチームで大成していった時みたいになってほしいです。クレネルは残念でしたが・・・、マンジーニは頑張ったと思います。
これで来シーズンも新しいコーチ陣になります。どんな顔ぶれになるのか楽しみですね。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hicapples.blog50.fc2.com/tb.php/122-03efb396

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。