スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

New England@Indianapolis 

今シーズンの日程での大一番!@Indianapolis!!


ここまでペイトリオッツが8勝0敗、コルツが7勝0敗と無敗対決。コルツはホームで戦えるのに加えて、対ペイトリオッツ戦ここ3試合、連勝してます。一時はコルツはペイトリオッツには勝てないとまで言われてたけど、逆にこの試合を落としてしまうとペイトリオッツがコルツに対して苦手意識が生まれてしまうかもしれません。是が非でも勝ちたい。


結果は、24-20で・・・ペイトリオッツの勝利!!

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!

スコアでも接戦ですが、内容も接戦でした。


まずペイトリオッツから。

ブレイディですが、この試合は今シーズンで一番苦戦してましたね。当たり前か・・・。パスもオーバースローが多かったし、感情的になってたシーンも結構ありました。しかし、ここぞってときにパスを通してくるあたりは流石です。試合後半、モスに投げたロングパス。一見「モス、お願いだからとってね」パスに見えますけど、しっかりモスはD#を抜いてキャッチしてました。少しパスがショートでしたけど。あとは逆点をTDに繋がる、ストールワースへのサイドラインぎりぎりのパス。これもすごかった。そしてウェルカーへのTDパス。サイドラインギリギリでここしかないってパスでした。2つのINTはありましたが、しっかり3つのTDパスをヒットさせましたね。

そしてRB。モリスが今シーズンアウトってことでマロニーに責任が、ずしりとのしかかって・・・。しかしこの試合ではドロープレーがところどころに効いていてアクセントになってました。ショートヤードのランはエバンス。フォークはパスにランに活躍。TDはありませんでしたが、ランのプレイコールを出し続けたことは良かったと思います。ランが止められたからといって、WRが豊富になったからといって、ランをしなくなったらダメです。ランが出なくでも地道にやるべきだと私は思ってます。それをやってくれたOCのマクダニエルス、よかったです。

WRはモス、ウェルカー、ストールワースが頑張りました。モスのワンハンドキャッチは神業です・・・。手にボールが吸い付いてるよー!ウェルカーもTDパスをキャッチし、すぐさま体をラインに横切らせる技。早かったなぁ。それとリターナーとしても大活躍。あれでかなり助かったはず。この試合は珍しくキャッチしたレシーバーたちは5人だけ。いつもはたくさんのレシーバーに投げ分けてましたが。

OLです。O#では一番目立ったかも。OLってあまり目立つポジションではないけど、ミスったときはすごい目だったりしますよね。特に相手D#が強力だったので、てこずってました。LTのマット・ライトはフリーニー相手だったのでやられてましたねー。RTのゲイザーもダメでした。まぁ相手DEはフリーニーとマシスだからキツイけどね。しかし、もう少し頑張ってほしかったなぁ。


D#はコルツO#が相手なのでそうそう抑えることはできないと思ってました。しかしエースレシーバーのハリソンが欠場だったので助かりました。ラインですが、いつもの3-4ではなく4-3が多かったですね。3人だけではコルツのOLがいいのでマニングにプレッシャーをかけられないと思ったのでしょう。そしてセカンダリーもしっかりとマークはつけていたと思います。少しのプレーを除いて。インターフェアが取られたシーンがありました。序盤でサミュエルがWRのゴンザレスにスピードでちぎられて取られたやつ。あれは、弁解できない気がします。抜かれててやっちゃったからなぁ。でも2クォーターにホブスが取られたのは、疑問がかなり残ります。おそらく誤審でしょう。しっかりボール見てたし、体も前に入ってましたから。むしろウェインのインターフェアでは?

しかし、アダイにやられました。ランが止まらない!ショートパスからもやられました。前半最後のTDは本当にいらなかった。まぁ全てを守れるわけではないのでしょうがないのでしょうが。


あとはSTが頑張ってくれた。早いタックルでゲインをさせなかったし、逆にリターンではウェルカーやホブスが力を見せてくれた。


最後に全勝でBy Weekに入れます。これはでかい。1敗して暗い気分で入るより、宿敵コルツを破って体力、気力をチャージできます。今年のペイトリオッツは本当に強い。このまま突っ走れ!!

スポンサーサイト

コメント

>感情的になってたシーンも結構ありました

あれも一種のフェイクだったみたいですよ。試合後のライトなんかのコメントによると、審判に文句言ってて荒れてるのかなって思ったら、ハドルに戻るなり、冷静ないつものブレイディだったそうです。

ウェルカーへのTDパスは気持ち良かったです。何と言っても苦手なサンダースのマンカバーを破ってのTD、去年からのイライラがかなり解消されました(笑)。

審判の判定はアウェイだし、こういうこともあるかなって感じでした。むしろそれを乗り越えて勝ったパッツは大したものだと改めて認識しました。

今度再戦したときはやはりアダイが鍵になりそうですね。ビリチェックがどんなプランを用意するのか今から楽しみです。

>ananasさん
やはりこのまま行けば、プレーオフで再戦するのは確実でしょうね。アダイに好き放題やられたので、次回はシャットアウトしたいです。もちろんマニングも(笑)!

審判の判定にもめげず、勝てたのが大きいですね。あとはOLがもう少し抑えてくれれば楽に勝てたかもしれませんね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hicapples.blog50.fc2.com/tb.php/106-96f1c1ef

Week9 ペイトリオッツ VS コルツ @RCAドーム

What a game!細かいディテールをみれば、ミスの多い荒いゲームなのかもしれないけど、普通にエンターテイメントとして見れば、逆転、逆転で、スリルのある評判通りの試合だったと思う。さすが現在NFL最強の2チームの試合。試合後は朝なのにクタクタになっちゃっ....

  • [2007/11/06 09:22]
  • URL |
  • パッツとボソックスとファンタジー |
  • TOP ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。