スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Philadelphia@New England 

あぶなかった・・・まさにそんな一戦。


Philadelphiaはマクナブが欠場、そんな状況だったのもあってそこまで苦戦しないのでは?そう思ってました。

しかし結果は


31-28の大接戦。


ペイトリオッツの得点はTDが4つ。FGが1つ。

TDの1つは前半のサミュエルのインターセプトリターンTD。それ以外はヒース・エバンスの1ヤードランTD、ブレイディからジャバー・ギャフニーへの19ヤードパスTD、マローニの4ヤードランTDでした。

イーグルスの得点はTDが4つ。

先発のA.J.フィーリーが神がかってました。最初はインターセプトされてしまいましたが、その後のドライブではパスを次々と決めていき、最後はウェストブルックの1ヤードランTD。それ以外もフィーリーはWRのグレッグ・ルイスに2本のTDパスを通しました。残り1つはレジー・ブラウンにTDパスを通しています。

この試合でフィーリーは3TDでしたが、インターセプトも3つ記録しています。2つ目は試合、第4クォーター4分を切っていました。NE陣29ヤードでした。そのときの得点は31-28。これが得点に結びついていたら同点、もしくは逆転になっていたでしょう。インターセプトしたサミュエルに拍手ですね。この試合2つ目のインターセプトでした。3つ目はサンダースが記録してます。イーグルスのラストの攻撃でした。


攻撃ではモスを徹底カバーで仕事をさせてもらえませんでした。しかしその代わりにウェルカーが爆発してました。13キャッチ、149ヤードでした。ギャフニーも6キャッチ、87ヤード、1TDと存在感を示してました。ちなみにウェルカー、ギャフニー共に今シーズンベストでした。

D#ですが、フィーリーにやられてしまいましたね。ミドルがガンガン通ってました。その辺をやられてたので、今後の課題ですね。これからあたる相手は、これらの情報からペイトリオッツ攻略を目指してくるでしょうし。

ここで残念なことが。LBのルーズベルト・コルビンが足の怪我でIR。シーズンエンドとなってしまいました。LB陣は高年齢が指摘されていました、がコルビン、ブルースキー、ブレイベル、トーマス、セアウでローテーションしてました。おもにOLBとして活躍してたコルビンが抜けてしまうので、おそらくトーマスが穴を埋める形になるのではないでしょうか。

WRではベテランのトロイ・ブラウンが帰ってきました。開幕からPUPリストに載っていたWR/CBのブラウン。充実しているWRに頼れるベテランが厚みをさらに加えてくれます。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。