スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Washington@New England 

今年のペイトリオッツは負けるのでしょうか?

否!負ける気がしません!!


今週のワシントン戦を振り返るとそう思えます。

結果はなんと52-7と大勝。

第4クォーター途中まで52-0とリードしてました・・・。強い。この試合ブレイディが5、6TD奪ったわけではないのですが(3TDパスを決めましたが)、なんとランで2つのTDを奪いました。ここまで好調だとパス一辺倒になりがちですが、「俺も走れるんだぜ!」といわんばかりに2つも決めてくれました。
パス 29/38、306ヤード、3TD。
ラン4回、14ヤード、2TD。
というスタッツでした。

ランはマローニが14回、75ヤードと復調してきました。おそらく来週もスタメンで出れるでしょう。モリスが欠場ですが、フォーク、エバンス、エケルと頑張っています。特にフォークはラン5回、32ヤードとパスキャッチが7回、57ヤードと活躍してくれました。

レシーバーは・・・もう毎回活躍する人が代わるというか、誰かがマークされてもほかにまだまだいるぞ!みたいな。モスをマークすれば、ストールワースがいるし、すばしっこいウェルカーがかき回す。相手は嫌でしょうね。
今回はウェルカーが9キャッチ、89ヤード、1TD。モスは3キャッチ、47ヤード、1TD。ストールワースは4キャッチ、44ヤード。


D#はなんといってもブレイベルでしょう!11タックル、2アシスト、3サック、3ファンブルフォースと大活躍。この試合のペイトリオッツのサックは全てブレイベルでした。ちなみにO#でもゴール前で登場し、TDパスをキャッチしてます。


本当に武器が多いと感じた試合です。ブレイディのパスが通りまくり、ランでもTDが取れる。タイプの違うレシーバーがいて、ランニングもマローニが戻ってきた。OLも怪我がでていない。D#にシーモアが戻ってきたし、LBは年が気になりますが元気いっぱい。


来週のコルツ戦はアウェイなので少し不利ではありますが、ハリソンが怪我がちです。しかし、アダイとキースのRBは脅威です。もちろんハリソンがいなくてもウェインがいて、TEにはクラークがいます。それらを指揮するマニングがいます。今年のマニングはいつもと違うように見えます。それはがむしゃらにパスではなく、ロングより確実にランとショートパス。そしてディープが開いたら、そこに正確なパス。嫌な相手です、しかしここに勝って連勝を伸ばしましょう!

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。