スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

崖っぷち 

まさに崖っぷちなヤンキース。ボストンとの3連戦の第1戦、第2戦が終わり、まさにこれから第3戦を迎えます。


第1戦はヤンキースはペティート、レッドソックスは松坂が先発しました。さすがにこの日は松坂の応援はできませんでした・・・。ペティートは5連勝中と波に乗りまくってます。一方松坂は13勝目を手にしてから3試合勝ちがありません。

試合はヤンキースが初回制球の定まらない松坂から2点を奪います。しかしレッドソックスも2回にラミレスのHR、3回にオルティーズの犠牲フライで同点にします。5回にキャプテン、ジーターがHRを放つと7回にはこちらもキャプテン、バリテックがHR。・・・お互い譲りません。しかし、その裏にデーモンが松坂から2ランHRを放ち決着がつきました。

ヤンキース 5×3 レッドソックス


第2戦はクレメンス、ベケットの先発。まさに新旧豪腕対決。ベケットは今シーズンかなり調子がいいので、クレメンスの出来が試合を左右するはずでした。

試合は・・・なんとクレメンス、6回1アウトまでノーヒット!しかしその後のオルティーズにソロHRを浴びてしまいましたが。ベケットは2回にカブレラ、デーモンにタイムリーを浴び3点を失います。6回を終えて3対1。次の1点がどちらに入るか?って思ってたら、A.RODがやってくれました。ソロHR!これで4対1。これで決まりだ~、なんて考えてたらあまかった・・・。ファーンズワースが8回にユーキリスに2ランHRを浴び1点差に!あぁ、さすがボストン。8回途中からリベラを投入し、なんとか逃げ切りました。

ヤンキース 4×3 レッドソックス

しかしこの2チームの試合はなんでこんな接戦でいい試合になるんでしょう。う~んおもしろい。

さぁ3戦目です。先発はシリングと王建民。200勝投手対去年の最多勝投手の対決です。

スポンサーサイト

現在の成績 

今月下旬はボストンとの3連戦を含む、プレーオフに進むためのライバルたちとの連戦があります(ただいま対戦中ですね!)

今年はボストンに1位を取られてしまっていますが、成績的に見てみると、ホームでの勝率はあまり変わりません。

ボストン:40-23。ヤンキース:41-24。

ではロードは・・・

ボストン:38-28。ヤンキース:30-32。

ここに差が出てますね。
ではディビジョン別ではどうでしょうか?

East
ボストン:30-17。ヤンキース:22-25。
Cent
ボストン:18-11。ヤンキース:26-8。
West
ボストン:18-17。ヤンキース:13-15。

ヤンキースは同地区、Eastに負け越してます。一方ボストンは勝ち越しが13。しかしCentはヤンキースはかなりの貯金。18貯金を作ってます。Westはトントンくらいですかね~。

8/14、15、16にボルチモアとの3連戦でまさかの1勝2敗。同地区に弱いですねー。ここは勢いをつけたかったんですが・・・。その後カモにしているCent所属のタイガース戦。初戦こそ落としましたが3勝1敗。そして苦手エンゼルス戦。初戦をサヨナラ負けで落とすと2戦目も大敗・・・。3戦目は15勝あげているラッキーとの対戦だったので、3連敗もありえたのですが、なんとか踏ん張った・・・。そして今日、タイガースとのBack to backで4連戦の初戦です。

今現在は3-4で負けてる!!頑張れヤンキース!!

New Record 

ここ最近忙しくて、更新できてませんでした。

すいません!


ということで、これからはできるだけ(?)更新していきます!

ここ最近は記録ラッシュですね。

バリー・ボンズがついに新HR記録を打ち立てました。8/4のサンディエゴ戦で755号を放ち、ハンク・アーロンの記録に並びました。そして今日のワシントン・ナショナルズ戦で新記録の756号を打ちました。

バリー・ボンズが755号を打って記録に並んだ日にヤンキースのA.RODは最年少500号の記録を打ち立てました。32歳と少しでの500号でした。

ちなみに松井はA.RODが500号を打った、次の試合でメジャーで通算100号を打ちました。


3人ともこれからもHRを量産し続けてほしいものですね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。