スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VS LA Angels 3連戦 

LA Angels 3連戦です。この3連戦を終えるとオールスターブレイクに入ります。なおこの3連戦を3連勝するとヤンキースは勝ち越してお休みに入ることができるので、ぜひ勝ち越してほしい。

第1戦。
まさに今年のヤンキースって感じの試合でした。打つけど、打たれる。
先発はペティット対コロン。この2人の投げ合いでこんな点数になるとは思いませんでした。



 Final 1 2 3456789RH
 LAA 0 0 3024000912
 NY 0 2 601302×1419

WP:ラミレス(1-0、3.68)
LP:ブートチェック(2-2、5.21)


コロンは2回7失点。ペティットは5回8失点。ペティットはダメでしたね~。打たれすぎです。それも味方が点を取ってくれたあとに失点もあったし。後半戦に向けてしっかり安定感を取り戻してほしいです。2番手はエドワール・ラミレス。失点しましたが、チェンジアップばかり投げてて、結局チェンジアップを狙い撃ちされてました。もっと投球の幅が必要かもしれません。
さて打つほうは先発全員安打でA.RODのHRも出ました。打順も2番カブレラ、3番ジーターでいい流れになっているのでこのままでいいでしょう。


LA Angels 9-14 NY Yankees



Result  D.Jeter  2/5  1R  1RBI  .342   H.Matsui  1/3   2R  1RBI  2BB  .273


第2戦。
この試合の先発はクレメンス対ラッキー。
前日の試合とはうって変わって投手戦になりました。

2回の裏にヤンキースはアブレイユの2塁打で松井が得点し、1点を先制します。しかし、3回表にマシスの3塁ゴロの間にギャレット・アンダーソンが生還し、1対1の同点に。その後、点が入らず延長戦に。13回の表にファースト、カイロが早いゴロを飛びついてキャッチ。しかし、スローイングエラーで失点。その裏をロドリゲスに押さえられ終了。

クレメンスは8回までをヒット5本、フォアボール1個とほぼ完璧。試合は勝てませんでしたけど、さすがクレメンスという内容。
これで負け越してオールスターブレイクに入ることが決定しました。


第3戦。
先発はここまでチームトップの8勝をあげている王建民。相手はアービン・サンタナ。



 Final 1 2 3456789RH
 LAA 0 0 000000005
 NY 4 0 060020×1212

WP:王建民(9-4、3.36)
LP:サンタナ(5-10、5.97)


この試合は序盤、A.RODのタイムリーでカブレラが得点。ジーターとA.RODを塁におき、松井が3ランHRをレフト3階席に叩き込みました。初回に4点先制。4回にもカノー、A.RODの3ランHR2発で6点を追加して10点。7回にも2点を追加して、12点。投げては王建民は6回途中までヒット5本の投球で0点に抑え、12-0で勝利。


LA Angels 0-12 NY Yankees



Result  D.Jeter  1/4  1R  .336   H.Matsui  1/3   1HR  1R  3RBI  2BB  .274

スポンサーサイト

VS Minnesota Twins 4連戦 

オークランドとの3連戦を1勝2敗と負け越し(1安打完封もされてしまった・・・)、Minnesota Twinsとの4連戦。

ボストンとの差を考えると勝ち越さなければいけないのは誰もが思うこと。あわよくば4連勝。

第1戦。
クレメンス対ボンサー。この日のクレメンスはすごかった!8回までをヒット2本。失点1。打線も6回途中にアブレイユのHRを含む4点を取り、5-1で勝利。打線ですが、今年はイマイチ固定オーダーを組めていません。ジーターも2番を打っていたのがこの試合では3番でした。1番DHデーモン。2番センターカブレラ。3番ジーター。案外調子のいいジーターとA.RODをつなげるのはいいかも☆

第2戦。
王建民対シルバ。前日のクレメンスと同様この日の王建民も良かった。7回までヒット4本、失点0。8回をプロクター。そして9回には1981年生まれのエドワール・ラミレス。・・・誰?知りませんでした。この日がメジャーデビュー。なんと3三振。ラッキーボーイになるかも。チェンジアップがいいみたいです。
打線は前日と同様の2番カブレラと3番ジーターが2打点ずつ。7番を打っているアブレイユが3の3、2得点、1打点。9番のカノーはHRを含む2打点。松井も2安打、1得点。8-0で勝ちました。

第3戦。
ムシーナ対サンタナ。サンタナです。しかし今年はそこまで手をつけられないほどではないような感じがしてるのでいけるかも?って思ってましたが・・・。
初回に1点先制されてしまいますが、2回の裏に松井がやってくれました。あのサンタナからライトに同点HR。4回にフィリップスがタイムリーを放ち逆転に成功。しかし、6回にカダイアーにタイムリーを許し同点。その後7回と9回に2点ずつ失い万事休す。結局放ったヒットは4本でした。試合は2-6。

第4戦。
井川対スローウェイ。井川さん、以前として安定感がありません・・・。初回に2点を失います。しかし味方が2回に5点を取って逆転。が、4回に同点にされてしまいました。5回を5失点で降板。イマイチですねー。試合は8回に松井の2試合連続となる2ランHRで勝ちました。9回に1点返されましたけど・・・。7-6で勝ちです。この試合は1番からデーモン、カブレラ、ジーター、松井というオーダーでした。4番のA.RODは第1戦で足を痛めた影響でお休みでした。


結果3勝1敗でした。1敗はサンタナということを考えれば、なかなか良かったのかな?って思ってます。この調子で次のLA Angels戦もいってほしいです!

VS Oakland Athletics 第2戦、第3戦 

第2戦は井川さんが先発でした。前回は4回2アウトのところで降板してしまったので、今回は勝ち投手になってほしかったのですが・・・。

まぁこの日は相手先発投手のGaudinのできが良すぎました。7回までヒットが1本って・・・
フォアボール3つ。デーモンのヒット1本のみ。ジーターもA.RODもこの日はダメでしたね。振り遅れが目立ってました。

一方の井川さんですが、いいときはいいんですが、ケンドールにソロHRを打たれた後からいきなり崩れてしまいました。次の打者のスチュワートにもコントロールミスからHR。その後は二者連続フォアボール。この不安定さでは、ボスにはまだ認められないと思います~。次こそは(次からは!)頑張って!


第3戦はペティットとヘイレンの先発でした。ヘイレンは防御率トップの強敵。なのでペティットには辛抱してA's打線を抑えてほしかったのですが~!

ペティット、まさかの2回7失点を含む1回2/3を8失点(自責点7)で降板・・・。
ヤンキースもヘイレンから6回までに5点を奪いますが、終盤に3点を追加され万事休す。序盤に8失点してしまいましたが、8-5まで追い上げることはできました。そこで中継ぎが打たれてしまってはダメですよね。こんなところからもチームとしてかみ合ってないのがわかってしまいます。

もう打線がつながっていくのを待つしかないのでしょうか?盗塁しましょうよ!ちなみにこのA's3連戦では盗塁0個です!


第2戦 Oakland 7, NY Yankees 0

第3戦 Oakland 11, NY Yankees 5

VS Oakland Athletics 第1戦 

Oakland Athleticsとの3連戦の第1戦。もう本当に必死になって勝ちに行かないと取り返しのつかないことになりかねないのです。

先発はムシーナとケネディ。



 Final 1 2 3456789RH
 A's 0 0 000010018
 NY 2 0 000000×29

WP:ムシーナ(4-5、4.62) S:リベラ(10)
LP:ケネディ(2-6、3.91)


この試合勝てましたが、はっきり言ってよくなかったです。
ムシーナが7回までをヒット6本、失点1に抑えました。8回はファーンズワース、9回リベラと行きたかったのですが、ファーンズワースが8回の1イニングを抑えられず。リベラが8回2アウトから登板。
打撃陣は・・・初回の2点のみ。ケネディは左打者を抑えるのが得意だったらしく左打者でヒットを放ったのがカノーのみ。アブレイユ、松井はケネディからヒットを打てず。
今日もあと1本が出ず、2点しか取れませんでした。

もっと足を使った攻撃をしてはどうでしょう?みんな足が速いから盗塁したほうがいいと思うんですが。ちなみにヤンキースで一番盗塁しているのがデーモン。13盗塁です。ジーターやアブレイユ、A.RODなども走るべきです!


Oakland Athletics 1-2 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  0/4  .340   H.Matsui  0/4   1R  .274

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。