スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VS Baltimore Orioles 3連戦 

コロラドに3連敗、サンフランシスコに1勝2敗。連勝してた貯金を吐き出し続けてます・・・

同地区対決のOrioles戦。

第1戦はペティットが先発。7回までを2失点と先発の役目を果たしたと言っていいでしょう。フォアボールは5個ありましたけど。しかしこの試合はひどかった。打撃ですよ・・・。1番デーモンのHR以外(8本のヒットのうちの7本)が全て単発。打線になってないって感じでした。試合も9回裏にプロクターが押し出しでサヨナラ・・・。2-3で負け☆

第2戦はクレメンスが先発。350勝がかかってます。しかし今日の相手先発のベダードはほぼ完璧でした。7回までをヒット2本、フォアボール1つ。三振は8個奪われました。初回から3者連続三振でしたし・・・。6回に一挙4点を奪われそのまま完封負けでした。打線が打てない、打てない。0-4で負け☆

第3戦。まさかOriolesに3タテされるわけにはいかない!王建民先発で雨の中試合開始。3回にアンディ・フィリップスのソロHRで先制するが、その裏まさかのロバーツに2ランを打たれ逆転。そのまた裏A.RODの犠牲フライとカブレラのファーストゴロで2点を入れ、3-2。7回に1点入れるが、裏にまさかの4失点。そのままやられるかと思ったら、ジーターのヒットなどで4得点。ジーターを2塁におき、松井というところで雨のため中断。このとき試合は8-6でヤンキースリード。そのまま試合がサスペンデッドとなり、7月28日に同じ状況から再開されることになりました。う~んこのまま勝ってくれることを願ってます。


現在AL Eastで同地区対決の対戦成績が8勝17敗です。ここが原因なわけです。同地区に異常に弱い!この同地区対戦を勝ち越し、貯金を出すくらいでシーズンを終えられたら、プレーオフが見えているはずです!

スポンサーサイト

VS San Francisco 3連戦 

コロラド3連戦を3連敗してから、サンフランシスコ3連戦でしたね。

第1戦は井川が好投してたんですが4回途中であえなく降板。やっぱりまだまだってボスには見られたんですね。頑張って信頼を取り戻してほしいです。初戦は7-3で勝利☆

第2戦は王建民が先発。3回にジーター、ポサーダ、カノーのタイムリーで先制したんですが、王が7回に追いつかれ、逆転まで許してしまいました。これで9回まで行ってしまって負けたかな?って思ってたらA.RODがソロHRで同点!その勢いのまま勝利する予定が・・・サヨナラ負けでした。第2戦は5-6で負け☆

第3戦は相手先発のロウリーを打ち崩せませんでした。フォアボールは5回で5個と塁には出れるのですが。ヤンキースの先発はムシーナ。こちらは5回を3失点と今ひとつ。そしてなんとクレメンスがリリーフ登板(1失点)。以前ペティットがリリーフ登板しましたが、驚きました。7回、8回に1点、3点と失点して負けてしまいました。2-7で負け☆

結果1勝2敗。う~ん。ボストンを追いかけているのに1勝2敗ですか~。イマイチ流れに乗り切れてないんですね。大きな連勝をしてもまたも負け越し。

VS Colorado 3連戦 

更新が遅くなってしまいました。

サブウェイシリーズを2勝1敗と勝ち越して、コロラドに乗り込んでの3連戦。勢いをそのままに戦いたかったんですが・・・

第1戦 Colorado 3, NY Yankees 1

第2戦 Colorado 6, NY Yankees 1

第3戦 Colorado 4, NY Yankees 3

3連敗を喫しました。

第1戦の先発ムシーナ。6回3失点と先発の役目は果たしてますよね。点が取れません。松井が先制点をたたき出したんですが、その1点のみでした。あと1打が出ない、そんな試合でした。

第2戦はペティット。この試合も点が取れませんでした。5回までは抑えていたんですが、先制点をもらった直後に2失点で逆転。その後も4失点し、7回途中で6失点でした。ジーターが先制点をあげたんですがね~。

第3戦。負けられない試合にクレメンス。この試合も2回に先制の松井の2ランHR。しかし、その裏にアトキンズ、トゥロイツキにソロHRを2本。5回にも2点を取られリードされました。その後1点を取りますが、追いつけず。


この3連戦、先制点を取ってるんですがすぐに追いつかれてしまってました。そして追加点を取る前に点を取られ、逃げ切られてしまいます。先発はムシーナ、ペティット、クレメンスと3連敗するとは思えない豪華な投手陣なんですが・・・。打撃陣では第1戦のみヒット1本。あとの2試合はノーヒット。3番のアブレイユ。彼がもっと打てれば打線がつながると思います。連勝していたときはアブレイユも打っていたし。

なんかもうちょっとって感じですね~。

VS NY Mets 第3戦 

サブウェイシリーズ3連戦の第3戦。ここまで1勝1敗の五分。是が非でも勝ち越したいですね。




 Final 1 2 3456789RH
 Mets 0 0 000010126
 Yankees 2 2 101002×811

WP:王(7-4、3.33)
LP:ヘルナンデス(3-3、3.08)


勝ちました~。勝ち越しました!よかった。

攻撃陣好調です。
1回からジーターをおいてA.ロッドの2ランHRが出ました!2回にはカイロ、デーモンのタイムリーで2点を追加。3回にはA.ロッドの犠牲フライでアブレイユが得点し、5点差に。5回にはデーモンがライトに高く上がったソロHRを放ちました。7回に1点返されますが、8回にポサーダが2ランHR。クリーンアップもいい調子ですが7番から9番がつながっているのでいい感じです。

今日の先発の王建民は安定してました。まずフォアボールが少ない。球数も少ないので長い回を投げてくれます。いつもは伝家の宝刀"シンカー"とチェンジアップでゴロの山を築いてましたが、今回は三振が多かったです。8回2/3で10個の三振。2番のロデューカ以外の選手から三振を取りました。それとレイエスに盗塁を許しませんでした。レイエスが塁に出たのはヒットでの1回のみ。それもポサーダが盗塁を阻止。

これでまた連勝を伸ばしていってほしいです。明日はお休みで、@Coloradで3連戦です。松井対決が見られそうですね。


NY Mets 2-8 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  1/4   1R  .342   H.Matsui  1/4  1R  .297

VS NY Mets 第1戦、第2戦 

今シーズンのサブウェイシリーズ、第2回戦。1回戦は1勝2敗。今回はホームだし、勢いはあるので是非勝ち越したい。

第1戦



 Final 1 2 3456789RH
 Mets 0 0 101000027
 Yankees 0 0 000000005

WP:ペレス(7-5、2.93) S:ワグナー(15)
LP:クレメンス(1-1、3.65)


なぜかペレスを打てません・・・。この試合、ボール球をやたらと振ってしまっていました。クレメンスは特別よくなかったけど、しっかり6回途中までを2失点。その後も中継ぎがしっかり抑えていたのですが、打撃陣がこたえられませんでした。松井にも走塁でのミスがありました。しかし、あれはレフトのゴメスのファインプレイでしょう。走塁といえば、メッツは盗塁しまくってました。ヤンキースは走られすぎてましたねー。レイエスに3つ!ゴメスに1つ、ライトに1つ。フランコとゴメスを1回ずつ阻止したんですが、そのときはブルーニーとビスカイーノのとき。盗塁されたときはほぼクレメンスのとき。クイックで投げないので苦しかったですね。


NY Mets 2-0 NY Yankees



Result  D.Jeter  2/4  .335   H.Matsui  0/3   .295



第2戦



 Final 1 2 3456789RH
 Mets 1 1 1200012814
 Yankees 0 2 222201×1115

WP:ビスカイーノ(3-1、6.06)
LP:グラビン(5-5、4.67)


第1戦とはうってかわって乱打戦になりました。

先発のクリッパードがこの試合もピリッとしません。いきなりレイエスを歩かせ、ベルトランは抑えたものの、盗塁。3番のライトにタイムリー。メッツとしては理想的な得点。その裏、ジーターが二塁打を放つものの、得点できず。2回には伏兵のGotayにHRを浴びてしまいます。その裏松井ヒット。カイロのショートゴロの間に得点。デーモンにもヒットが出て、カノーが得点。同点に追いつきます。しかーし、またしてもレイエスにフォアボール・・・。そして盗塁。ベルトランの内野ゴロで三塁へ。そしてライトを打ち取ったあと、デルガドのときに疑惑のボークで勝ち越し。あれはヒドイなぁ~。デルガドはタイム取ってたのに審判はボークだ~って言ってるし。これに奮起したのか、その後アブレイユをおいてA.ロッド2ランHR。カストロに2ランHRを打たれますが、またまたジーターの2ランHRで逆転。カノー、カイロのタイムリーや松井の2点タイムリー。8回に1点ずつをとり、最終回にリベラがヒット5本を打たれ2点を返されますが、なんとか勝利。

相手投手グラビンを打ち崩せたのでなんとか勝てました。この試合でもレイエスに2盗塁されました。ライト、ゴメス、Gotayにも盗塁を許しました・・・。いくら勝ったからといってもこの部分は反省しなくてはいけませんね。


明日の3戦目は王建民とオーランド・ヘルナンデスが先発です。


NY Mets 8-11 NY Yankees



Result  D.Jeter  4/5  1HR  2R  2RIB  SB  .343   H.Matsui  2/5  1R  2RIB  .298

VS Arizona 第3戦 

Arizonaとの3連戦の第3戦。



 Final 1 2 3456789RH
 Ari 0 1 000000015
 NY 2 0 200030×712

WP:ペティット(4-4、2.93)
LP:デービス(4-8、3.70)


これでArizonaに3連勝+9連勝達成です。33勝31敗で貯金も2つです。

先発のペティットが8回まで投げてくれました。ヒットはわずか4本。フォアボールも1つだけ。球数も101球とほぼ完璧。9回はプロクター。これだけ先発が安定してくると中継ぎ陣も休むことができていうことなしです。A.ロッドと松井が打点を稼ぎ出しました。松井はここ最近当ってますね。

明日からサブウェイシリーズです。今シーズンは1勝2敗とメッツに負け越してますが、それは調子の悪かったときのヤンキースなので気にしてません!今は調子のいいヤンキースです!それも今回のサブウェイシリーズ第1戦の先発はクレメンス!ちなみに相手はオリバー・ペレスです。前回の試合ではペレスにやられているので、気合入っているはずです。打ち崩してくれるはずです。期待しましょう!


Arizona Diamondbacks 1-7 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  2/3  1R BB .332   H.Matsui  3/4  1R  2RBI   .300

VS Arizona 第1戦、第2戦 

Pittsburgh Piratesとの3連戦を3連勝して、Arizona戦に臨みました。ArizonaはNYと対戦する前にBOSTONと対戦して、ランディ・ジョンソンが先発していたのでこのNYとの対戦では先発してこないのでラッキーでした。

しかし、去年のサイヤング賞投手のウェブが第1戦登板しました。NYは復調してきた王建民です。7連勝をかけての試合でした。




 Final 1 2 3456789RH
 Ari 0 0 010000017
 NY 3 0 000010×45

WP:王(6-4、3.49) S:リベラ(8)
LP:ウェブ(6-4、3.18)


見事勝利。これで7連勝です。正直ウェブとの対戦だったのでどうかな~って思ってましたが、しっかりとした投球で王建民が締めてくれました。8回をファーンズワース、9回をリベラで締めいいかたちです。点は1回のアブレイユの3ランHRと7回のチャド・トレーシーのソロHRです。


続いて第2戦。先発はNYがムシーナ。Ariがリバン・ヘルナンデス。ムシーナは5月9日の試合以来勝ち星から遠ざかっています。そしてヤンキースは8連勝がかかっています。



 Final 1 2 3456789RH
 Ari 0 1 000100027
 NY 0 1 240000×710

WP:ムシーナ(3-3、5.17)
LP:ヘルナンデス(5-4、4.20)


これで8連勝。勝敗では32勝31敗と勝ち越しです。投手陣が持ち直してきたのが好調の原因でしょう。それとアブレイユ。先日の試合まで6月の打率5割でした。3番にかなりの確率で出塁できる選手がいると、そのあとの4番A.ロッドや5番ポサーダ、6番松井がいずれも好調なので得点が期待できます。ファーストを守る選手のジオンビーとミンケイビッチの穴をフェルプスとカイロがしっかり埋めているので、そこまで響いていません。

ヤンキースはここ10試合で9勝1敗としていますが、首位のレッドソックスは4勝6敗と負け越してます。ゲーム差は8.5まで縮まっています。次の試合も勝って10連勝としたいところですね!

VS Pittsburgh 第3戦 

Pitとの3連戦の第3戦。



 Final 1 2 3456789RH
 PIT 0 2 040000069
 NY 3 0 230230×1314

WP:ヘン(2-0、4.66)
LP:チャコン(2-1、4.25)


勝てました。NYの先発のクリッパードでしたが、3回2/3で6失点。ヒット6本、フォアボール3個でした。う~~ん、まだ安定感がないですねー。まぁ若手なのでそこまで求めてはいけないんでしょうが。

しかし、打線はいい感じです。なんといっても復調してきたアブレイユがいいです。この試合も3番で、4打数4安打、1BBで5回全打席で出塁。しかも4得点、3打点。おまけに1盗塁。4番のA.ロッドは3打数2安打、2BB。4得点、5打点。ヒット2本ともHRなんですけどね(笑)。この試合、キャッチャーがポサーダではなくニエベスでしたので、5番は松井でした。4打数2安打、1BB。2打点。クリーンアップがしっかり仕事をしたので13得点で勝てました。

打てば勝てるのですが、打線は好、不調があるのでやはり投手陣が安定してこないと恐いですね。

試合自体はヤンキースが勝ったのでとてもうれしかったのですが、もう1つうれしいことがこの試合でありました。それは相手のパイレーツの中継ぎとして登板した、桑田真澄投手。日本で活躍していた時代からTVで見ていたし、好きな選手の1人でした。このオフにメジャーリーグに挑戦していて、なんとかメジャーで投げてほしいと思っていました。今日はA.ロッドに2ランHRを打たれてしまいましたが、頑張ってください!(ちなみに松井との対戦はBBでした。)


Pittsburgh Pirates 6-13 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  1/5  2R  .329   H.Matsui  2/4   2RBI  BB  .282

VS Pittsburgh 第2戦 

ついに"ロケット"がヤンキースに復帰しました。
この試合は是非勝利し、5連勝を飾りたいところ。



 Final 1 2 3456789RH
 PIT 1 0 020000036
 NY 3 0 001221×911

WP:クレメンス(1-0、4.50)
LP:マホーム(2-9、5.33)


勝ちました!これで5連勝です。クレメンスは6回を投げて、ヒット5本、フォアボール2個、で3点を失いました。しかし三振を7個とり、しっかりと要所を締めてくれました。復帰初戦を勝利で飾れたのは大きいと思います。復帰したのに敗戦では・・・ねぇ?それと勝ち星がクレメンスについたのでうれしいですね。あとをブルーニー、ファーンズワース、ビスカイーノとつなげました。明日の3戦目を勝つとこの3連戦スイープです。そして6連勝。現実味を帯びてます。NYの先発はクリッパード、PITはショーン・チャコーンです。


Pittsburgh Pirates 3-9 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  1/3  2R SB 2BB  .332   H.Matsui  0/3   1R  BB  .277

VS Pittsburgh 第1戦 

Chi White Sox との4連戦を3勝1敗と勝ち越し、Pittsburgh Piratesとのヤンキースタジアムでの3連戦です。せっかくWhite Soxに勝ち越してきたので、最低でも2勝、いや3連勝で!

その第1戦。



 Final 1 2 345678910RH
 PIT 0 1 00102000411
 NY 0 0 0002200512

WP:リベラ(2-3、4.12)
LP:キャップス(3-3、2.86)


危なかった~。でも勝てた。NYの先発はペティット。PITはゴーゼラーニ。両チームとも左腕が先発でした。NYはゴーゼラーニから点を奪うことができませんでした。しかし、ペティットは2回と5回に1点ずつ取られますが、決して試合を崩すことはありませんでした。そこで6回に松井がポサーダをおいて起死回生の2ランHRをライトスタンド最前列にライナーで叩きこみました。7回にPITのダフィーにランニングHRされていしまいました。センターライナーでしたが、カブレラが目測を誤り、後逸してしまいました。今まではここで追いつく勢いがヤンキースに足りなかった気がしますが、この日は取られたら取り返す!そして迎えた10回裏、ジーターの内野安打でサヨナラ勝ちしました。

粘りが出てきました。先発はしっかりと試合をつくり、打撃陣が点を取る!そして最後はリベラが抑える。1つ1つの積み重ねが一番の近道なのです。そうすればレッドソックスが見えてきます。第2戦には"ロケット"ことロジャー・クレメンスが復帰します。王、ムース、ペティット、クリッパードにクレメンスが加われば、安定感が増しますねー。是非復帰戦を勝利で!


Pittsburgh Pirates 4-5 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  2/4  1R 2RBI BB  .332   H.Matsui  2/5   1HR  1R  2RBI  .282

VS Chi White Sox 4連戦 

ホワイトソックスとの4連戦が終りました。4連勝できれば最高ですと書いたんですが、結果は初戦を落としてからの3連勝で3勝1敗でした。

勝因としては先発陣が復調してきたことですね。先発がある程度試合を作っていければ、結構勝ち越せますね。それにいいところで王建民の完投勝利もあって、ブルペンが休めています。クローザーのリベラも開幕当初よりずっといい感じで投げてました。あとは先発からリベラにつなぐ投手です。依然としてプロクターとファーンズワースに安定感が戻っていません。

打者で言えばついにアブレイユに当たりが出て気ました。これで3番に固定できる!
そして、松井が5番もしくは6番で打点が稼げる!
ファーストがジオンビー、ミンケイビッツと故障者続出なのでフェルプスとカイロが守っています。カイロは内野と外野、守れますから、かなり役立ってます。去年みたいにカブレラのようなラッキーボーイが出てきてくれるといいんですがね~。


第1戦 Chi White Sox 6, NY Yankees 4

第2戦 NY Yankees 7, Chi White Sox 3

第3戦 NY Yankees 5, Chi White Sox 1

第4戦 NY Yankees 10, Chi White Sox 3

VS BOSTON 第3戦 

BOSTONとの3連戦の第3戦。この試合は絶対に勝ちたい試合ですね。



 Final 1 2 3456789RH
 NY 0 1 0030011612
 BOS 0 0 0050000511

WP:ブルーニー(2-1、2.02)  S:リベラ(5)
LP:パペルボン(0-1、2.11)


勝ちました!それも逆転勝ちです。
序盤はペティットとベケットの投手戦って感じで進んでいたんですが、5回に大きく動きます。ベケットから一挙3点をあげて4-0としたんですが、その裏にペティットが満塁から5点をとられ逆転を許してしまいました。そのままいって今日も逆転負けか?って思っていましたが・・・。8回に松井が岡島からレフトにヒットを放ちました。そして最近当っているカノーがスリーベースヒットで同点に。その勢いで逆転しておきたかったのですが、そこはヤンキースのチーム状況でしょう。残念ながら岡島にきっちり抑えられてしまいました。しかし、9回同点の場面でパペルボン投入。ジーター、アブレイユと倒れ、A.ロッドもツーストライクと追い込まれましたが、なんとソロHRを放ちました!その裏をリベラが締めて、逆転勝利です。

欲を言えばもうちょっとすんなり勝ちたかったですが、そこはボストン戦。リードしててもいつ波乱やビックイニングが飛び出すかわかりません。とりあえずこの3連戦を2勝1敗と勝ち越しできたので一安心。このように負け越しだけは絶対に避けていかなくてはいけませんね。さぁ井口のいるホワイトソックスとの4連戦です。ちなみに@シカゴです。

先発はNYがディサルボ。CWSはガーランドです。CWSはここ10試合を2勝8敗と勢いがないので、ここは頑張ってスイープしてほしーなぁ~。


NY Yankees 6-5 BOSTON Redsox



TODAY'S Result  D.Jeter  0/5  1R .333   H.Matsui  2/4   1R  .284

VS BOSTON 第1戦、第2戦 

@フェンウェイでの3連戦の第1戦。



 Final 1 2 3456789RH
 NY 0 3 0600000911
 BOS 0 2 1000002513

WP:王建民(4-4、4.19)
LP:ウェイクフィールド(5-6、4.24)


この試合はヒヤヒヤ見てました。2回に3点もらった王でしたが点をとってもらった直後に失点と、悪い流れ。しかし悪いながらもなんとか5回までは投げました。ヒットはかなり打たれましたが。その王よりも大乱調だったのが相手のウェイクフィールド。四死球がなんと3回2/3で6個。まぁナックルということでどこに行くか予測不能ですがこの日は多く、ヤンキースとしてはかなり助けられました。勝ったは勝ったんですが、8回までで6点差あったのですが、ヤンキースがこの日投入した投手は7人!(9回まででね)それも5回にはボスが審判に物言いで退場に。珍しいですよね。そのあとを引き継いだのはドン・マッティングリー。投手采配に疑問は残りましたが、リベラ投入までしてなんとか勝ちました。


NY Yankees 9-5 BOSTON Redsox



TODAY'S Result  D.Jeter  1/5   .340   H.Matsui  1/4   1R  .281


@フェンウェイでの3連戦の第2戦。


 Final 1 2 3456789RH
 NY 0 1 0004100612
 BOS 0 0 120251×1114

WP:岡島(1-0、1.00)
LP:プロクター(0-3、4.23)


やっちゃいました。せっかく1戦目をとったのに2戦目を落としてしまいました。先発はムシーナ、シリングのベテラン同士。ムシーナは今季ここまで調子が悪いです。この試合もせっかく6回に勝ち越してくれたのにローウェルとバリテックにソロHRを浴びて同点に。その直後に降板。変わって出てきたのはプロクター。しかしこのプロクターが誤算で7回に5点をとられ、大量リードを許し、負けてしまいました。
ん~どうもブルペンのもろさが目立っています。今年はリベラが今ひとつ。ファーンズワースとプロクターも全然活躍できていません。先発陣が5回そこそこで変わってしまうので、登板回数がかなり多いし。

まぁ打撃は調子が上がってきました。しかーし、この3連戦を前にDHのジオンビーがDL入りしました。それも長期離脱もありえるとか。4月好調だったけど5月は不調だったジオンビー。残念ながら離脱。そのDHにはデーモンが入るみたいです。センターにはカブレラですね。そして今日のゲーム、ファーストのミンケイビッチがローウェルと激突してしまい、首の捻挫と右手首骨折・・・。これで先発のファーストはフェルプス?おいおいおい!やばいじゃん!ミンケイビッチとジオンビーが相次いで離脱。マイナーからいい選手をあげるのかなぁ?


明日の第3戦、NYの先発はペティット、BOSはベケット。ペティットは防御率は2.51といいんですが勝ちがついてこない状態です。一方のベケットは開幕から8勝負けなしです。ここらでベケットを叩いておきたいですね。


NY Yankees 6-11 BOSTON Redsox



TODAY'S Result  D.Jeter  2/5  1HR  1R  1RBI .341   H.Matsui  1/5   1R  .278

VS Toronto Blue Jays 第3戦 

やっと勝ちました~~。よかった~。
ようやく勝ちをもぎ取りました。



 Final 1 2 3456789RH
 NY 5 0 00010041014
 TOR 0 0 210020059

WP:クリッパード(2-1、4.20)  S:リベラ(4)
LP:Litsch(1-2、6.62)


22歳対決はクリッパードに軍配が上がりました。初回に猛攻を仕掛けたNY。5点を取りました。が、3回にリオスに2ランHRを浴び、4回にもマクドナルドにソロHRを浴びて5-3。6回にカブレラのタイムリーでなんとか点差を広げましたが、7回にステアーズ2ランHRを浴びて6-5と1点差に。またまた嫌な感じになってきていましたが、9回にA.ロッド、ポサーダ、ジオンビーのタイムリーで4点を追加し、8回途中からマウンドに上がったリベラが9回を締めてゲームセット。

勝ちましたが、やはり危ない勝ち方でしたー。安心して見ていられないって感じが・・・。与えた点はHRでしたが、一発攻勢は仕方ないかな。クリッパードの5回3失点はまぁいいけど、5個のフォアボールはいただけない。中継ぎ陣がフォアボールを出してないのがいいですね。しかし、9回からがリベラで8回まではファーンズワースとプロクターでしっかり抑えてほしいですよね!

明日はお休みです。明後日からのフェンウェイに乗り込んでの3連戦を3連勝するための勢いがすこーしついたかな(?)←思い込み

しかし次の3連戦は非常に大切です。1戦目の先発、NYは王建民。BOSはウェイクフィールドです。王建民にはフォアボールを出さずに低めにストレート、シンカーとチェンジアップをコントロールしてもらえばそんなに点は取られないと思ってます。いかにしてウェイクフィールドから大量点を奪うかです。

明日はお休みなのでしっかり休んで決戦に臨んでほしいものです。



NY Yankees 10-5 Toronto Blue Jays



TODAY'S Result  D.Jeter  0/4  BB  .343   H.Matsui  2/5   2R  .282

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。