スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VS Toronto Blue Jays 第2戦 

え~・・・トロントの第2戦ですが。連敗です。エンジェルスに3連敗。ここまでトロントにも2連敗。泥沼もいいところですね。ドロッドロです。



 Final 1 2 3456789RH
 NY 0 0 000011025
 TOR 1 0 000011×36

WP:アカード(1-0、1.16)
LP:ペティット(3-4、2.51)


先発のペティットはかなり良かったです。ランナーは出してましたがダブルプレーを多くとって、玉数も少なく多いイニングを投げました。

初回、デーモンがフォアボール。ジーターが送りバント。チャンスで松井!ショートへのポップフライ。最近チャンスで打ててないですねー(涙)。A.ロッドも凡退。

その裏、リオスに内野安打+ジーターの悪送球でランナー2塁で、3盗をされウェルズの内野ゴロで1点取られてしまいましたが、その後は安定していました。相手の先発、マーカムに対してNY打線は早めに捕まえておきたかったのですが、まともなヒットすら出ず・・・。

しかし、ジオンビーの三塁線へのゴロ(ジオンビーシフトなので三塁には誰もいないです。)と松井のセンターへのヒットだけでした。ちなみにジオンビーのヒットの後、なんと盗塁を決め+悪送球で2out、3塁のチャンスで得点できず。

結局マーカムからはヒット2本しか打てず。玉数も多くなってきたところで7回からダウンズにスイッチ。その直後、ジオンビーが起死回生の1発を左中間に叩き込みました。

その裏1outをとったあとにフランク・トーマスにヒット、ヒルにもヒット。フィリップスの3塁ゴロでA.ロッドがフィルダースチョイスでヒルは3塁に。そしてまさかのホームスチールを決められてしまいました・・・。

そのあとも点を取るけど取られてしまう。結果2-3で敗戦。


ペティットは頑張っていました。しかし、打線がチャンスであと1本がでないという悲惨な状態。1out、2塁なら最低でもセカンドゴロでランナーを3塁に進めるチームバッティングをしてほしいです。昔のヤンキースなら必ずしていたような。この負の連鎖は誰か1人がどうにかしようとしても、どうにかなるような感じはまったくしません。全員が団結してチームのためにという気持ちで頑張らなくては。


明日の先発、NYはクリッパード。TORはLitsch。なんと両先発ともに1985年生まれの22歳同士。


NY Yankees 2-3 Toronto Blue Jays



TODAY'S Result  D.Jeter  0/3  1R  .350   H.Matsui  1/4   .277

スポンサーサイト

VS Toronto Blue Jays 第1戦 

トロントとの同地区対決の第1戦。トロントのホームです。

エンジェルスとの3連戦を3連敗したのでこのトロントとの3連戦は勝ち越したいところです。結果は・・・?




 Final 1 2 3456789RH
 NY 0 0 000002025
 TOR 0 0 111040×710

WP:マゴーワン(1-2、5.90)
LP:ディサルボ(1-2、5.40)


となって・・・4連敗です。ディサルボが3、4、5回に1点ずつとられてしまったのですが、ディサルボが全ての責任かというと、そうではないと思います。この試合も先制点はオーバーベイのソロHRでしたが、その前にヤンキースにはチャンスがありました。1out、ランナー2塁でサードフライに倒れました。2回にも2out、ランナー1、2塁で凡退。先制点をとられたあとの攻撃でも0out、2塁でも点がとれず・・・。結局、8回の松井の特大2ランHRのみ。

もう、投手陣が悪いとか打線が打てないとかじゃない気がしてきました・・・

「流れ」ですね。

なにかが足りない、かみ合わない。私も「今年も地区優勝はできるだろう」なんて思ってたけど、実際にここまでの成績でレッドソックスにゲーム差をつけられるとキツイですね。


明日の先発、NYはペティット、TORはMarcumです。明日こそは勝ってくれ、ヤンキース!



Toronto Blue Jays 7-2 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  2/4  1R  SB  .355   H.Matsui  1/4   1HR  1R  2RBI  .278

VS LA Angels 第3戦 

え??  3連敗?

本日、エンジェルスとの3連戦の3戦目。



 Final 1 2 3456789RH
 LAA 0 0 001030048
 NY 0 1 010000136

WP:ラッキー(8-3、2.36) S:ロドリゲス(16)
LP:プロクター(0-2、3.65)


おいおい~、昨日は先制され追いつけず。今日は先制して、逆転され、最後は追いつけず。

一体どうしたら勝てるんだ~??

なさけないな~~。ライバルは絶好調なだけにゲーム差だけが開いていくし。

ヤンキースの得点は2回、4回ともに控えキャッチャーのニエベスのヒットです。先発のムシーナがエンジェルス打線を抑えていただけにもっと効果的に中押し点が取れていれば・・・。結果、2番手に出てきたプロクターがアウトを1つもとれずに7回に3点を許し2-4。最終回、抑えのロドリゲスを攻めカブレラの犠牲フライで1点差とし、一打同点の場面でしたが、続くジーターが倒れ万事休す・・・。


あぁヤンキース、負の連鎖ですかね?投手が好調のときは打線が点をとれず、打線が点をとるときは投手陣が崩壊する。今はじっと耐えるのみ。

明日からは同地区、ブルージェイスとの3連戦です。ここで一気に上昇気流に乗りたいですね。相手はロイ・ハラデー、グスタボ・チャシン、B.J.・ライアン、リード・ジョンソン、グレッグ・ゾーンと故障者続出です。特にハラデーとライアンがいないので絶対に勝ち越し、3連勝したいです。相手の打線で注意するのは、ウェルズ、グロース、トーマスは当たり前なのですが、先頭バッターのリオスが好調なので要注意です。


明日の先発はNYがディサルボ、トロントがMcGowan。トロントの先発ははっきり言ってよく知りません(勉強不足ですいません!)。ディサルボはコントロールよく投げてくれることを願っています。



LA Angels 4-3 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  1/5  .352   H.Matsui  0/4   .279

VS LA Angels 第2戦 

第1戦を落とし、ぜひともこの第2戦は勝ちたいところです。

結果は・・・



 Final 1 2 3456789RH
 LAA 3 0 000000036
 NY 0 0 010000018

WP:エスコバー(6-2、2.64) S:ロドリゲス(15)
LP:王建民(3-4、4.12)


となりましてー・・・連敗です。う~ん。ヒットはNYのほうが放っているんですが、点が入りませんでした。単発で’打線’になっていない感じでした。それにしてもエンジェルスはほんとにピッチャー陣が安定していますね。うらやましい~。

今日の王建民ですが、初回立ち上がりに連打で3点を取られ、2回も満塁までいきました。また序盤で先発がノックアウトか?と思いましたが、そこはなんとか踏ん張ってなんと8回まで投げました。8回まででヒット6本、フォアボールは4つ。三振が6個でした。得意のシンカー、あとはチェンジアップ。150km/h後半のストレートでなんとか自分で立ち直るところがいいところですね。去年の19勝が自信になっているのでしょう。8回3失点なら、まぁいいでしょう。

打線です。今日は打線が問題でした。チャンスで1本がでない。なんていうかバラバラなんですよね。チグハグというか。ジーターやポサーダの打率はリーグ1位、2位なんです。AロッドもHR1位、打点2位と数字は残しています。その間をつなぐ役目みたいな選手が不調なんですよね。たとえばアブレイユなど。松井も絶好調まではいかないし。3番に松井ではなく、アブレイユが座ってくれれば、松井も5番や6番で打点を稼げるんですが。

明日はムシーナとラッキー。ラッキーは7勝3敗、2.38とかなり調子がいいみたいですね。投手戦になるとムシーナに頑張ってもらわないといけません。とりあえず投打がかみ合うように願ってます!


LA Angels 3-1 NY Yankees



TODAY'S Result  D.Jeter  0/4  .356   H.Matsui  1/3 BB  .288

VS LA Angels 第1戦 

Angelsを迎えてのホーム第1戦。ここはしっかり勝っておきたいところ。こちらの先発はメジャー2試合目のクリッパード。相手は2年目のジャレッド・ウィーバー。マリナーズのジェフの弟。

クリッパードは前回メッツ相手に6回を1失点とメジャー初先発で初勝利をあげた。そのまま連勝したいところ。

ウィーバーは去年の勢いはなく、今シーズン序盤は苦しんでいたが、ここに来て少し安定してきた。

試合はというと、エンジェルスが小刻みに4回までに1点ずつ3点をとる。ヤンキースはAロッドのHRやミンケイビッチのヒットで追いすがる。しかし、クリッパードは4回で降板。その後引き継いだディサルボ、ビスカイーノがつかまり、5回に3点。6回に4点を追加された。ヤンキースは8回にカノーのタイムリーで3点を返すが、結局追いつくことができず


LA Angels 10-6 NY Yankees


で敗戦となった。

う~ん、投手陣が10点もとられたらいくら打っても勝てない気がする・・・。レッドソックスが今日松坂先発で勝利したのでまたゲーム差が広がりましたね~。


TODAY'S Result  D.Jeter  1/4  1R   H.Matsui  1/5



明日はNYの先発は王建民。LAAはエスコバー。あさってはムシーナとラッキーの予想です

VS BOSTON 第3戦 

今日の第3戦。






 Final 1 2 3456789R
 BOS 0 0 00010203
 NY 3 1 110011×8


大事な第3戦を勝利しました!勝ち投手はペティットで3-3、2.66。負け投手はシリングで4-2、3.94。しかし、なんといってもゴジラ松井の今季第4号ツーランHRでしょう!1回裏のNYの攻撃、一番デーモンがヒット。2番ジーターもヒットでまず1点。その後に3番松井がレフトスタンドに突き刺さる弾丸ライナーのツーランHR。その後も得点を重ね、8点を取りました。投げてはペティットが7回を1失点。ファーンズワースが2点取られましたが、最後はリベラが獲ったアウトを全て三振で押さえ勝利。

ちなみにこの試合でジーターが通算安打を2216としてジョー・ディマジオを抜き、ヤンキース歴代5位となりました。ちなみに4位は2336本でバーニー・ウィリアムスです。それとこの試合は帽子の横に「VT」と刺繍がしてありました。これは先日起きてしまった、バージニア工科大での銃乱射事件への哀悼の意を込めて大学のロゴ入れ試合に臨んだようです。またヤンキースは100万ドルを寄付しました。

こうした姿勢は本当にすばらしいですよね。


この3連戦、結局2勝1敗で終えました。できれば3連勝と行きたかったけど、最低条件の勝ち越しでした。明日は休養日で、その後はロサンジェルス・エンゼルスとの3連戦が待ってます。

VS BOSTON 第1戦、第2戦 

第1戦



 Final 1 2 3456789R
 BOS 0 0 00101002
 NY 2 2 002000×6

となりまして、ヤンキース勝利!
勝ち投手は王建民で3-3、4.28。負け投手ウェイクフィールドで4-5、3.14。
A.ロッドに特大のHRが出たし、ジオンビーにもHRが出ました。王建民にはもう少し長いイニングを投げて、中継ぎを休ませてあげたかったけど、まぁBOS相手に勝ったのでよしとします。

しかし・・・第2戦。NYはムシーナが先発。相手はタバレス。絶対に勝っておかなくてはいけないと思う試合でしたが。結果は・・・



 Final 1 2 3456789R
 BOS 3 0 01003007
 NY 0 0 01100103

あぁ・・・無念。
1回にラミレスに3ラン。4回にローウェルにソロHR。7回には3点追加される始末。昨日の勝ちがこれで帳消しに・・・。先発がタバレスということでぜひ勝っておきたかったなぁ。
NYの攻撃というと岡島の無失点を止めたこと?ん~ランナーが出てからのヒットが出ないとなぁ。歯がゆい攻撃でした。

明日の第3戦はNYがペティット、BOSがシリング。ベテラン先発対決です。ペティットは安定しているので攻撃陣がシリングを早い回で捕まえられるかどうかです。


3連勝はなくなってしまったけど、久々の同一カード勝ち越しを決めたいところですね~。

VS BOSTON 

次の試合はかなり重要な試合です。

4月にあったレッドソックスとの試合は、フェンウェイでの3連戦はスウィープされ、ヤンキースタジアムでの3連戦は1勝2敗・・・

明日からのヤンキースタジアムでの3連戦はヤンキースは絶対に3連勝しなくてはいけない!!なぜならヤンキースの先発陣はまさに崩壊している状態ですが、その中でも一番いいであろう3人が先発する予定だからです。1戦目は王建民、2戦目はムッシーナ、3戦目はペティット。一方のレッドソックスの先発は1戦目ウェイクフィールド、2戦目タバレス、3戦目シリング。松坂が投げないのはヤンキースにとってはラッキーかも知れませんね。ベケットもDLに入ってしまいましたし。

ヤンキースの打線はというと松井がかなり好調。HRはあまり出てないけど、打球が鋭くなってきました。この打球が上がりだしたらHRも出るでしょう。ポサーダ、ジーターもかなり上向き。しかし、Aロッドとアブレイユが少し下降気味なので頑張ってほしい。

レッドソックスの打線と言えば、オルティーズとラミレスなんですが、この2人に気をとられすぎると痛い目にあう気がします。特にユーキリスの選球眼と出塁率は嫌です。あとローウェルが調子がいいのでチェックです。


注目の対決。踏ん張れヤンキース。

ようやく・・・ 

ようやく更新です!


・・・すいませんでした。自分の将来を決めるため、少々ブログの更新ができませんでした。これからはしっかり更新していきたいと思います。


で、NFLではトレード&ドラフトがあったり、MLBでは開幕から色々ありました。

NFLはビックリするトレードがドラフトでありました。
まず、1巡の指名権が2つあったのですが、一つ目の24位で、Sのブランドン・メリウェザーでした。二つ目の28位はサンフランシスコとのトレード。来年の1巡と今年の4巡を頂きました。これは得したな~って思いましたね。しかし、来年、サンフランシスコがどの位置でシーズンを終るか、非常に気になります。あと、驚いたことは4巡をオークランドに譲渡し、その代わりにランディ・モスを獲得!つーかすごいWR陣になってきたわ・・・。ランディ・モスとダンテ・ストールワース、ウェス・ウェルカー。いいですね。期待大です。


MLBではヤンキースの投手陣崩壊&ロケットのNY復帰。松坂のデビューと井川の不安定なピッチング、マイナー降格。あと自分的にはフィリップ・ヒューズのデビューがうれしかったです。まぁ今はDLに入ってしまっていますが・・・。

ヤンキースはイマイチ投打がかみ合わないって感じですね。まぁ投手陣があれだけ打たれると勝てませんが。しかし、先発はムシーナ、ペティット、王、ラズナー、ディサルボになりました。これでクレメンスが入ってくるとラズナー、ディサルボのどちらかが外れることになりますが。


と、これからは更新できるよう頑張っていきたいです。見てくれている皆様これからもよろしくお願いしますね。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。