スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もうすぐ開幕 

NFLのドラフトが迫ってきてますが、MLBはもうすぐ開幕です。最近は全然書いてませんでしたね。

我がヤンキースですが、野手より、投手の心配事が増えてきました。

昨シーズン19勝あげた王建民が開幕DLですね。練習中に右太もも裏を痛めたようです。復帰までは最短で3週間かかると見られているようです。これで開幕投手最有力がいなくなります。ムシーナ、ペティートは登板日に合わせて調整を始めているので、無理に開幕戦にもってくることはしないかも。というと残ってるのは井川とパバーノですねー。実績からするとパバーノが有力ですけど、井川も見てみたいです。

しかし、王建民がいないのでムシーナ、ペティート、井川、パバーノで4人。あと一人は誰になるのでしょう。若手のカーステンズかと思ったらこれまた故障。右ひじ痛。現時点では、オープン戦で12イニングを投げて防御率1.50と好投している、26歳右腕ダレル・ラズナーでしょうか。


まぁ野手は松井をはじめいい調子ですね。アブレイユがどうか?てことだけです。丁度今からNY vs PHIの試合です。先発井川です。アブレイユもスターティングメンバーに名を連ねてます。一塁はどうなんでしょ?ミンケイビッチ?それとも若手?固定するのか?しないのか?

スポンサーサイト

再契約 

パッツはWRのバム・チルドレスと再契約したみたいです。


契約の内容はわかりません。

24歳のチルドレスは過去2シーズン、ほとんどをプラクティススクワッドで過ごしました。2005年に1試合、2006年に2試合出場しています。NFLのキャリアでは5キャッチ、35ヤードという成績です。


しかし、WRの情報しか入ってこないなぁ。サミュエルは大丈夫だろうか・・・ホールドアウトだけは勘弁してほしい。

WRs 

またまた更新遅れてすいません~。

WR、ストールワースの獲得がラストかな~?って勝手に思ってたら、ワシントン獲得しましたね(笑)。思いっきり予想外れてすいませんでした。

しかし、これでWRが一気に増えました。このオフ獲得したのがウェス・ウェルカー、ダンテ・ストールワース、ケリー・ワシントン。去年のWRたちはリシェイ・コールドウェル、ジャバー・ギャフニー、トロイ・ブラウン、チャド・ジャクソン、ジョナサン・スミス、バム・チルドレス、ケルビン・カイト。多いわー・・・。ここから何人かの選手が脱落するでしょうね。生き残った選手には大いに期待しちゃいますけどね。

ウェス・ウェルカー
ダンテ・ストールワース
ケリー・ワシントン
リシェイ・コールドウェル
ジャバー・ギャフニー
トロイ・ブラウン
チャド・ジャクソン


この7人が有利ですけど、7人残ることないでしょうね。6人くらいだと思う・・・ここから1人脱落ですか~。誰なのか・・・

ストールワース加入! 

WRの補強はこれで最後になるでしょう、おそらく。


ダンテ・ストールワースをPHIから獲得。昨季はレギュラーシーズン12試合出場、レシーブ38回725ヤード、5TDという成績でした。プレーオフでは2試合でレシーブ6回141ヤード、2TDでした。


気になる契約内容ですが、6年契約で$33ミリオン。この契約が1年契約となると、サイニングボーナス$1ミリオン、ベースサラリー$700,000、ワークアウトボーナス$300,000を含む$3.6 ミリオンとのことです。

この契約は少し正確ではないかも、、、すいませんが。確かなことがわかったらまた報告したします。


これでWRの層がまた厚くなりました。ストールワース、コールドウェル、ギャフニー、ウェルカーブラウン(引退しないでくれ~)など。この補強がドラフトにどう影響するでしょうか?

ウェルカー獲得&グレアム離脱 

前回から期間があいてしまってすいません。


ウェス・ウェルカー
に接触していると書きましたが、獲得しました。マイアミはウェルカーをセカンドラウンドテンダーとしていたので、今年の2巡の指名権とトレードするわけですが、7巡の指名権を差し出すことでうまく成功させました。このほかでパッツが接触しているレシーバーはPHIのダンテ・ストールワースとCINのケリー・ワシントン。ストールワースはNOから第1レシーバーになりたいと言ってPHIに移籍したのですが、怪我が多かったような・・・。能力はすばらしいと思うのですが、怪我が心配です。一方ワシントンですが、2003年のドラフト3巡(全体65番目)でCINに加入。IR入りしていたのでこっちも怪我が心配か?やはりもう1人レシーバーほしいよな~。


TEのグレアムは結局DENに移籍しました。契約は5年総額3,000万ドル(約34億8,000万円)です。28歳のグレアムは2002年ドラフト全体21位指名でプロ入り、パッツではランプレイには欠かせない選手でした。苦手のDENに移籍かぁ。

LBのテリー・バンタケイン。SFに移籍です。去年はパスラッシャーとして5.5サックを記録。その一方でラン守備に不安を抱えていました。若手LBで着実に力をつけてきていたので残念です。


今年は例年になく積極的な補強です。ドラフト前にレシーバーを獲得しそうな感じですね。あとはディロンが抜けた穴をモリスのみでカバーできるか?グレアムのブロック力とカイル・ブレイディのブロック力はどうか?まぁいかにしてランプレイをするのかということですね。あと個人的にはセアウと契約してほしいなぁ~。

続々契約! 

昨日書いた人たちがみんな契約してくれました。


まず大筋でまとまっていたアダリウス・トーマスと正式に合意

パッツのLB陣はポジションが型にはまらなく、流動的です。トーマスも複数のポジションをこなすことができるので本当に最適かと思われます。特別若くもありませんが、確実にLB陣は安定してくるでしょう。トーマス、ブレイベル、コルビンにブルースキーとセアウが加わってくれればいいなぁ。+若手が育ってくれば言うことなしです。



そしてTEのカイル・ブレイディも正式契約をしました。

年齢は35歳ですが、おそらくチームを離れるグレアムの穴を埋めるために獲得しました。2年契約です。値段は530万ドルでサイニングボーナスが200万ドルです。



RBのサミー・モリスも契約です。29歳でラン・キャッチ・ブロックと万能型のモリスとは4年契約。


このほかにもマイアミのWRウェス・ウェルカーにも接触しているみたいです。この選手も万能型です。


やっぱりパッツは万能型の選手が大好きですね~。それにしてもいきなりこんなに契約してるのにビックリです。もともと薄かったLBとディロン、グレアムの穴を早速埋めました。あとはドラフトでどんな選手を指名するのか。ジャクソンが怪我してますからWRは指名するとは思うのですが。

FA解禁 

FA解禁しました。と、その前にパッツの状況を整理したい。


FAの大物LBのアダリウス・トーマスですがパッツと契約がまとまりそうです。彼の代理人は事態が急速に動いているとコメント。週末の間には決まる模様。現在LBの補強が急務なパッツです。この大物を獲得できればかなり大きいです。
LBのタリー・バンタケインはおそらくパッツに残留してくれると思われるのですが、ラムズを訪れているみたい。彼の代理人はラムズはバンタケインの万能性が好きみたいです。


RBは大変なことに。エースRBとして活躍してきたコーリー・ディロンがチームを離れました。引退?という話も聞きますが、他チームに移籍するにしてもパッツからはいなくなってしまいました。これでパッツは250万ドルのキャップ・スペースをセーブできます。一方、FAだったフルバックのヒース・エバンスは2年の契約更新しました。これでRBはマローニ、フォーク、エバンスは確定。パスは不明です。しかしこれでは去年と比べて明らかに力不足。FAでサミー・モリスを獲得するかも。2004年にもパッツのFAターゲットだったこともあり、可能性はありますね。

またOLのビリー・イエーツとも契約。デッドライン前にまとまりました。3年の$2.1ミリオンで、325,000ドルのサイニングボーナスです。これでOLは安泰でしょう。

サミュエルがフランチャイズタグをはられて、おそらくは今年はパッツでプレイ。長期契約がまとまってほしいですね。そのことをうけてTEのグレアムがFAになりました。こちらには大金を払えないので放出という形になるでしょう。

ダニエル・グレアムが移籍濃厚ということで、TEにベテランのカイル・ブレイディを接触。グレアムと同じようにブロッキングに定評があるブレイディに興味があるよう。35歳と年齢が気にはなりますが、グレアムの穴を埋めるにはいいかも。1巡指名ですがそれほどまでに活躍できてないということと、大金を払えないということで。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。