スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

So!田口 

いや~やってくれましたね~!田口。


今日はカージナルスVSメッツのリーグチャンピオンシリーズの第2戦がありました。

第1戦とうって変わっての打撃戦。カーペンターとメインの先発。カージナルスとしては第1戦を落としているのでカーペンターで必勝体制ですね。

しかしいきなりデルガドに3ラン…その後も点を取られる苦しい投球。しかし打線がそのつど反撃して大きく離されることはありませんでした。4番のエドモンズのホームランやローレンの代わりに先発したスピージオの3ベースヒット。

8回の裏の守備から田口が出場。まー守備固めってやつだなって思っていました。
そしてそのあとの9回表の攻撃、同点の場面でワグナーが出てきました。
バッターは田口。2ストライク、3ボールのフルカウントからの9球目をジャストミート!

決勝ホームラン。

その後得点を重ね、9-6でカージナルスの勝利。敵地で1勝をあげてホームに戻れます。


田口はスタメンではあまり出ませんけど、いいところでヒットやホームランを放つんですよね。もちろん守備もいいですし。最高のバックアップですよね。


この試合を見ていてヤンキースと比べてました。初回にエースのカーペンターが失点して苦しい場面。カージナルスにはヤンキースにない粘りがありました。この粘りがあったから9回で同点の場面を作れたと思います。最近のヤンキースはこの粘りが欠けている気がします。3連覇したときのヤンキースはつなぎが多く、ホームランばっかりの攻撃ではありませんでした。そろそろ改革をするころでは?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。