スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Yankees、Cardinals、A'sが先勝! 

Playoff Division seriesの初戦が行われました。

ヤンキースVSタイガースアスレチックスVSツインズカージナルスVSパドレス

メッツVSドジャースは1日ずれているので今日Game1ですね。

ヤンキースの先発は19勝をあげた、王建民。対するタイガースは左腕ネイト・ロバートソン。
序盤は王がタイガースの攻撃をなんとかダブルプレーなどでしのぐ。試合が動いたのは3回裏のヤンキースの攻撃。デーモンからの6連打、5得点。5回にタイガースは3点を返すが、そのつどヤンキースは中押しで、8-4で逃げ切った。

ヤンキースはデーモンが5打数2安打、2得点。ジーターは5打数5安打、3得点、1打点、1HRの大活躍。アブレイユも5打数2安打、1得点、4打点の大暴れ。なおジオンビーにもHRが出た。松井には快音が聞かれず…。一方投手陣には不安が…。先発の王建民は6回2/3を3点をまずまずだったが、変わったマイヤーズがHRを浴びた。プロクターも1outをとるのに苦労していたし、ファーンズワースはストライクをとるのに苦しんでいた。最後はリベラがしっかり締めたのでまぁOKかな。

タイガーズは自慢の投手陣が8失点とピリッとしなかった。しかしバーランダー、ロジャース、ボンダーマンと先発は誰が登板しても一流だ。中継ぎ、抑えとしっかりしている。唯一経験が足りないか。打撃はパッジに当たりが出ると勢いが増すはず。単発のHRは出たがつながりがほしい。

続きを読む

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。