スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

完敗… 

完敗です…



Week3終りました。3連勝のチームが5チーム。インディアナポリス・コルツ、シアトル・シーホークス、シンシナティ・ベンガルズ、シカゴ・ベアーズ、ボルチモア・レイブンズ。


では、我がニューイングランド・ペイトリオッツの試合の総括を。

今週は地元ジレットスタジアムに宿敵デンバー・ブロンコスを迎えての一戦でした。戦力的にはデンバーのほうが上でしょう。NEは去年の戦力に比べてスタメンWRが2枚移籍。デンバーのほうは戦力的にはほぼ変わらず。しかし、チーム状態としてはいい勝負だったはず。なぜなら相手QBのプラマーはまだTDパスを通してなかったし。NEが勝つにはNEのWRは弱いのでRBで試合をコントロールしたかったはず。その上相手の強力RB陣をシャットアウト。これが最高のシナリオでした。


試合は第1クォーターは共に無得点。第2クォーターにFGで3点を先制される。その後ジャボン・ウォーカーに32ヤードのTDパスがヒット。これはサイズのミスマッチでした…(ウォーカーは体がでかく、マッチアップしてたCBは体が小さかったのでミスマッチが起きた)。これはピンポイントでパスを通したプラマーを褒めていいんではないでしょうか。それよりもNEのオフェンスです。


ランがまったく出ねぇーじゃん…


それもFGの3点が入ったあとのドライブで37ヤードFGをブロックされるって…失点直後の得点チャンスだったのに。まぁKがルーキーのゴスコフスキーだし、しょうがないのかぁ?

第3クォーターは無得点。そのあとの第4クォーターの初めに83ヤードのTDパスを通される。それもまたウォーカーに…。その原因はCBのサミュエルのディフェンスと思われます。もう少しタイトについていなくてはならないところで、少しフリーになってました。そこにパスが通ってFSのウィルソンのカバーも間に合わず(かわされてましたね)。

この時点で0-17。残り13分。その後のドライブで4分を使ってブレイディがTDパスをダグ・ガブリエルにヒットさせて、7-17。ガブリエルは移籍してきて初めてのTDでした。そのあとのドライブをしっかり止めなくてはならなかったのですが、ズルズルとランを出されパスも通されてしまいました。残り5分30秒。ここではまだ微かに可能性はあったのですが3&out。

う~ん…。

そのあと敵陣に攻め込みFGは決めれるところまで行ったのですが、ベリチックはTDを取るために4thダウンでFGの選択をしませんでした。ここでTDもしくはFGをとっても3点差か7点差となります。その後のオンサイドキックが決まらなければ負けです。


ようするに無理をしてTDではなく安全なFGを選択してオンサイドキックに賭けるってのもありだったのでは??


しかし私が思うにこの試合でペイトリオッツというチームを育成させていたのではないでしょうか。目先の勝利より、若く将来性のあるチームですから、経験をさせる。そんなプレイコールがいくつかあったような気がします。


ランが全く出なかったのはコーリー・ディロンが試合途中から怪我で出てなかったというのも影響していました。ルーキーのマロニーだけでは…


まぁ試合としてはNEがやりたかったゲームプランをデンバーにやられてしまったということです。残念。Week4は開幕3連勝のシンシナティ・ベンガルズ!今週の敗戦を糧になんとかいいゲームをしてほしいものです。

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。